2017年度の東流扇子 博多祇園山笠

今年も、各流で制作された扇子と手ぬぐい。

中洲流は別格として、流によって作る、作らないがあり、本数のまちまちだから、値段もまちまち。
なので、色々な流の扇子にお目にかかるのは至難の業です。

あと、三流でコンプリートなのですが!